★リボンだけじゃコマンドが足りない(リボンのカスタマイズは敷居が高い)。
★昔ながらのアイコンが良い。
★AutoCADクラッシックの表示がワークスペースからなくなった。

等々・・・そんな時はAutoCADクラッシックを表示しましょう♪

 

~AutoCADクラッシックの表示方法~

コマンド:cui

〔ユーザーインタフェースをカスタマイズ〕が表示される。

の転送タブをクリック

のファイルを開くをクリック
  →C:\Users\●●\AppData\Roaming\Autodesk\C3D 2014\jpn\Support\acad.cuixを選択する。
          (●●:ユーザー名)

※〔ユーザーインタフェースをカスタマイズ〕が左半分しか表示されない場合は、マークの所をクリックし、表示させる。

 

 

のワークスペース→AutoCADクラッシックをのワークスペース内にマウスの左ボタンを押しながら持って行く。

 

 

のカスタマイズタブをクリックする。

のAutoCADクラッシックを右クリックし、の現在に設定を選ぶ。

のOKボタンをクリックする。

 

すると・・・クラッシック表示になりました~ヽ(~~)ノ

 

#私は未だリボンに慣れず、アイコンは現役です( ̄^ ̄)v

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

リアルタイム市況

Twitter

Follow @megubuta (73 followers)

アーカイブ

blogランキング