» 2019 » 11月 » 12のブログ記事

これは、本当に参ったY(>_<、)Y

『世界測地系の図面をUTM座標に変換して、座標値を出してほしい』

こんな事、めったに頼まれないけど、頼まれた(笑)

 

~変換方法~

①変換したい世界測地系の図面を開く

(例:緯度:36°、経度:139°50’/9系の原点です(^^ゞ)

 

② 座標系を割り当てる

コマンド:mapcsassign

で、座標系割り当てを表示し、【JGD2011-9】を選び、【割り当て】をクリック

※世界測地系の9系=JGD2011-9

保存してこのファイル(世界測地系.dwg)は閉じる。

 

 

③新規図面を開き、座標系の割り当てを設定する

コマンド:mapcsassign

で、座標系割り当てを表示し、【UTM84-54N】を選び、【割り当て】をクリック

こちらも、確認の為、再度、mapcsassignコマンドを実行し、割り当てられているか、確認する。

 

 

④クエリー設定&実行する

コマンド:mapwspace

でタスクペインを表示し、【マップエクスプローラー】タブをクリックし、

ウインドウズのエクスプローラーから変換したいファイルをズルズル~ペッ(ドラッグ&ドロップ)っとする。

 

マップエクスプローラー上にある【現在のクエリー】を右クリックし【定義】をクリックすると

【アタッチされた図面のクエリー定義】が開かれる。

【位置】をクリックし、位置条件ダイアログを表示させ、

【すべて】にチェックし、OKボタンをクリックする。

 

【クエリーモード】【作図】にチェックをつけ、【クエリーの実行】をクリックし実行する。

 

図が挿入されたのを確認し、タスクペイン内に表示されている

ファイル名を右クリックし、【アタッチ解除】する。

できあがり~ヽ(~~)ノ

 

なのですが・・・ズレてるヽ(`_´#)ノ

赤座標:autocadが出した座標値

緑座標:某サイトで変換した座標値

誤差っと言えば誤差なのかもれないけど、設計図面をカキコしている私から見ると、

約800mmの誤差って、ありえな~いヽ(`_´#)ノ

 

 

ってことで、autodeskに聞いてみた(^^ゞ

コマンド:mapcslibrary

で座標系ライブラリを表示し、【JGD2011_to_WGS84】を選び、【表示】をクリックする。

分析法による変換:7パラメーター

お返事は、『7パラメーターで算出しています』です。

おバカな私には全くわからんちんY(>_<、)Y

そのまま、頼んできた相手に『800mm程度のズレが生じています』っと素直に伝えました。

わかる方、教えてm(_”_)m

カレンダー

2019年11月
« 9月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

リアルタイム市況

Twitter

    Follow @megubuta ( followers)

    アーカイブ

    blogランキング