» システム変数のブログ記事

プロキシが邪魔して保存できない時ってイライラしますよね~ヽ(`_´#)ノ

そんな時の力技ですが・・・(^^ゞ

 

ファイルを開いた時にプロキシのメッセージが表示され↓

OKをクリックし、作業を始めて、いざ保存しようとすると、

保存するのいや~っヽ(`_´#)ノと言われる↓

 

まずは、下記3つのシステム変数をチェックしましょう♪

★プロキシオブジェクトを図面に保存するかどうか?のシステム変数

システム変数:PROXYGRAPHICS
保存先:図面
初期値:1

    ⇒PROXYGRAPHICSが1になっているか

 

★プロキシが作成されるときに警告を表示するかどうか?のシステム変数

システム変数:PROXYNOTICE
保存先:レジストリ
初期値:1

    ⇒PROXYNOTICEが1になっているか

 

★プロキシオブジェクトを表示するかどうか?のシステム変数

システム変数:PROXYSHOW
保存先:レジストリ
初期値:1

    ⇒PROXYSHOWが1になっているか

 

さあ、全部1に変更したわよ~ヽ(~~)ノ

さあ、保存・・・・・

で、保存できた時は良いのですが、これでも保存できない場合がある凸(–メ)

そんな時は、私の大好きな力技です( ̄^ ̄)v

AUTOCADに書き出しちゃいます(笑)

コマンド: _AecExportToAutoCAD2010

これで、完全勝利になり、プロキシとも(^.^)/~~~

#CIVILで作成したオブジェクトは自分がCIVILだった事を忘れてくれるのです( ̄ー ̄)ニヤリッ

あんまり無いと思いますが・・・(^^ゞ

ダブルクリックしても、うんともすんとも言わなくなった場合。

下記2つのシステム変数をチェックしましょう♪

 

★ダブルクリック編集の動作をコントロールするシステム変数

システム変数:DBLCLKEDIT
保存先:レジストリ
初期値:1(on)

    ⇒DBLCLKEDITが1になっているか

 

★コマンドを開始する前にオブジェクトを選択できるかどうか?のシステム変数

システム変数:PICKFIRST
保存先:レジストリ
初期値:1(on)

    ⇒PICKFIRSTが1になっているか

 

初期値通りなので、変更されると、あれ?なんだっけ?になるので、ρ(^^)メモメモ

C3D2015を立ち上げると・・・待つ待つ待つ。

かなり待った後(C3D2014の倍以上の起動時間)に、

スタートアップ画面がドーン!

これ↓、かなりイラつきません?

っと言う事で、昔のバージョンと同じように表示させないようにしましょう♪

★新しいタブと新しい図面のどちらを表示するか?のシステム変数

システム変数:NEWTABMODE
保存先:レジストリ
初期値:1

    ⇒NEWTABMODE を0に変更

 

★起動時or新しい図面を開いた時に何を表示するか?のシステム変数

システム変数:STARTUP
保存先:レジストリ
初期値:3

    ⇒STARTUPを0に変更

 

出来上がり~ヽ(~~)ノ

DIMZIN

| AUTO CAD, システム変数 | | 1件のコメント

0省略表記のシステム変数

システム変数:DIMZIN
保存先:図面
初期値:0 (フィート/インチ)または 8 (メートル)

例えば・・・
0,0を中心に半径10の円をカキコした時のオブジェクトプロパティでの表示
(単位管理の精度は0.0000/LUPREC=4)

DIMZIN=0の場合(左図)、DIMZIN=8の場合(右図)

   

こーゆーシステム変数って、テンプレートに保存しちゃうから、すぐ忘れちゃうのよね~(^^ゞ

図面を他の人から貰った時に、『あれれっ?』って気が付くヾ(・・; ォィォィ

っと言うことで、ρ(^^)メモメモ

既定の照明の値を変更する時(左画像)、

リボンで、レンダリング→光源▼を触らないと

変更できないヽ(`_´#)ノ

ちゃんと光源を作れば良いのかもしれないけど・・・(^^ゞ

既定の照明を使う事が多い

リボンは使いたくない

#なんてワガママなんでしょう( ̄^ ̄)v

そんな時は、システム変数です♪  

 

 

標準照明が有効な時(LIGHTINGUNITS=0)の既定の照明の値をコントロールするシステム変数

明るさ
システム変数:LINEARBRIGHTNESS
保存先:図面
初期値:0(有効値-10~10の整数
#フォトメトリック照明の場合はLOGEXPBRIGHTNESS

 

コントラスト
システム変数:LINEARCONTRAST
保存先:図面
初期値:0(有効値-10~10の整数
#フォトメトリック照明の場合はLOGEXPCONTRAST

 

光源記号の表示
システム変数:LIGHTGLYPHDISPLAY
保存先:図面
初期値:1(0:表示なし/1:表示あり)

 

太陽照明のオンオフ
システム変数:SUNSTATUS
保存先:図面
初期値:0(0:効果なし/1:効果あり)

※フォトメトリック照明=自分で作った照明
 

それにしても(愚痴です)・・・

0と1が違いすぎるのよね~凸(- -メ)

10なんて使う人いないと思うし・・・。

もう少し細かく(少数第一位)ぐらいまで設定できれば良いのに~ヽ(`_´#)ノ

グループ選択がONの時(PICKSTYLE=1 or 3)の表示とグリップをコントロールするシステム変数。

システム変数:GROUPDISPLAYMODE
保存先:レジストリ
初期値:2

保存先がレジストリなので、忘れないように・・・ρ(^^)メモメモ

 

~GROUPDISPLAYMODE=0の場合~

 

~GROUPDISPLAYMODE=1の場合~

 

~GROUPDISPLAYMODE=2の場合~

 

それにしても・・・なぜ、初期値が2なのか?とっても不思議。

いきなり、『このジャマな枠は何なんだ~?ヽ(`_´#)ノ』っと思ったのはσ(^^)だけ?

従来通りで良いので、0に設定♪

現在のモデルタブまたはレイアウトタブの名前を示すシステム変数。

システム変数:CTAB
保存先:図面
初期値:Model

使うのは・・・

①レイアウトタブ名とリンクする時(レイアウトタブ名=図番、タイトル・・・etc)

②レイアウトタブの切り替え時

ぐらいかな~(^^ゞ

 

~①の使用例~

フィールド→システム変数→CTABにてリンク

 

~②の使用例~

コマンド:CTAB

値を入力<”現在のタブ名”>:切り替えたいタブ名を入力

ズームの時などにアニメーションで、『グワァ~ン』ってするかどうかのシステム変数。

グワァ~ンは、気持ちが悪くなるので、やめてほしいのだけど・・・・

システム変数:VTOPTIONS
保存先:レジストリ?
初期値:?

 

赤枠で囲ってある部分の

●チェックあり:グワァ~ンになる
●チェックなし:通常の状態。

 

下の部分は、表示スピードなど、

グワァ~ンの詳細設定です。

 

グワァ~ンのオン・オフのみの設定は、

システム変数:VTENABLE
保存先:レジストリ
初期値:3

グワァ~ンを全てなしにするのは、0に!

 

昔のblogにカキコしてあったんだけど、

今のblogから無くなってる~って、クレームが・・・・とても嬉しいクレームです♪

ハッチングのライブプレビューのシステム変数。

(ハッチング範囲を内側の点で指定した場合)

システム変数:HPQUICKPREVIEW
保存先:ユーザ設定
初期値:1

 0 または OFF:表示しない
 1 または ON :表示する

ONにしていると、ハッチングにすごい時間がかかる場合があったり、

指定した範囲の少しだけしかハッチングしてくれない場合がある凸(–メ)

こんな機能は、邪魔なだけ~♪

1行文字を編集する時のエディタ設定のシステム変数。

システム変数:TEXTED
保存先:レジストリ
初期値:2

 0:インプレイステキストエディタ
 1:文字を編集ダイアログボックス
 2:インプレイステキストエディタ+コマンド自動送り

 
すぐ忘れるρ(^^)メモメモ

#初期値が1なら良いのにな~(笑)

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リアルタイム市況

Twitter

Follow @megubuta (70 followers)

アーカイブ

blogランキング