» 作図方法のブログ記事

レイアウトタブがいっぱいある場合、

 

【レイアウトタブ】が【ステータスバー】のにドッキングされていると、見にくい↓

 

【レイアウトタブ】が【ステータスバー】のにドッキングにすれば、見やすい↓

 

コマンド:CTAB   <レイアウト名> 

で移動すれば、良いのかもしれないけど、

どのレイアウトに何をカキコしたかなんて、忘れちゃう(笑)

って事で、レイアウトタブのドッキングを変更すれば良いのだ♪

 

~解除方法~

レイアウトタブの上で右クリックし、

【ステータスバーのにドッキング】

クリックする。

戻したい時も同様に、

レイアウトタブの上で右クリックし、

【ステータスバーのにドッキング】

クリックする。

これだけ~ヽ(~~)ノ

これは、本当に参ったY(>_<、)Y

『世界測地系の図面をUTM座標に変換して、座標値を出してほしい』

こんな事、めったに頼まれないけど、頼まれた(笑)

 

~変換方法~

①変換したい世界測地系の図面を開く

(例:緯度:36°、経度:139°50’/9系の原点です(^^ゞ)

 

② 座標系を割り当てる

コマンド:mapcsassign

で、座標系割り当てを表示し、【JGD2011-9】を選び、【割り当て】をクリック

※世界測地系の9系=JGD2011-9

保存してこのファイル(世界測地系.dwg)は閉じる。

 

 

③新規図面を開き、座標系の割り当てを設定する

コマンド:mapcsassign

で、座標系割り当てを表示し、【UTM84-54N】を選び、【割り当て】をクリック

こちらも、確認の為、再度、mapcsassignコマンドを実行し、割り当てられているか、確認する。

 

 

④クエリー設定&実行する

コマンド:mapwspace

でタスクペインを表示し、【マップエクスプローラー】タブをクリックし、

ウインドウズのエクスプローラーから変換したいファイルをズルズル~ペッ(ドラッグ&ドロップ)っとする。

 

マップエクスプローラー上にある【現在のクエリー】を右クリックし【定義】をクリックすると

【アタッチされた図面のクエリー定義】が開かれる。

【位置】をクリックし、位置条件ダイアログを表示させ、

【すべて】にチェックし、OKボタンをクリックする。

 

【クエリーモード】【作図】にチェックをつけ、【クエリーの実行】をクリックし実行する。

 

図が挿入されたのを確認し、タスクペイン内に表示されている

ファイル名を右クリックし、【アタッチ解除】する。

できあがり~ヽ(~~)ノ

 

なのですが・・・ズレてるヽ(`_´#)ノ

赤座標:autocadが出した座標値

緑座標:某サイトで変換した座標値

誤差っと言えば誤差なのかもれないけど、設計図面をカキコしている私から見ると、

約800mmの誤差って、ありえな~いヽ(`_´#)ノ

 

 

ってことで、autodeskに聞いてみた(^^ゞ

コマンド:mapcslibrary

で座標系ライブラリを表示し、【JGD2011_to_WGS84】を選び、【表示】をクリックする。

分析法による変換:7パラメーター

お返事は、『7パラメーターで算出しています』です。

おバカな私には全くわからんちんY(>_<、)Y

そのまま、頼んできた相手に『800mm程度のズレが生じています』っと素直に伝えました。

わかる方、教えてm(_”_)m

配列複写って、変更や修正するのが、ちょいめんどい!

元のオブジェクト作成時にひと手間かけるだけで、後処理が楽になります。

って言っても、『ブロックと同じ!』って事なんですけどね(笑)

下記の表を参考にしてください・・・・見にくいかな?(^^ゞ

結局・・・、

ByBlockで作成すれば画層変更時にラクチン~♪

って事ですね♪

配列複写って、変更や修正するのが、ちょいめんどい!

【元のオブジェクト】や【置き換え】等は、arrayeditコマンドで出来るけど、

この左図から、右図のように、ここの部分だけ削除したい!って時は、

 →

 

どうすれば?って事で(笑)

 

  Ctrlを押しながら削除したい図形をクリック!

 

すると、目的の図形だけ選べるので、

後は、Deleteキーを押しても良いし、コマンドの削除でもOK♪

もちろん、他にも、移動コマンド等も出来る♪

 

#これに、気が付くまで、長い時間がかかりましたY(>_<、)Y

女の子だけのCAD相談室に『こういう条件の図形を書きたいです

っと言う質問が来た。

面白そうなので、ちょこっと考えてみたが、すぐに挫折した・・・ヾ(・・; ォィォィ

~条件~

①.任意の円があり、その円の中心を通る45°の線があります。

②.任意の楕円があり、その円の中心を通る45°の線があります。

③.①の円の45°の線と②の楕円の45°の線は、同一直線上にあり、円と楕円は接点で接している。

 

こんな感じの図形↓がカキコしたいのだと解釈しましたσ(^^)

 

『拘束を使えばカキコ出来ます』の答えを見て、

拘束を使ってカキコしてみたら、本当にすぐにカキコできたヽ(~~)ノ

 

~拘束を使った作図方法~

①適当に円と楕円それに45°の線を各々カキコする。

 

②円と45°の線をブロック(緑)にする。楕円と45°の線もブロック(黄色)にする。

 

③緑の方のブロックに拘束の【固定】を設定する。

 

④緑のブロックと黄色のブロックの各々の45°の線に拘束の【同一線上】を設定する。

 

⑤緑のブロックと黄色のブロックの各々の接点にしたい近辺を適当に選んで、拘束の【正接】を設定する。

すると・・・

できあがり~ヽ(~~)ノ

 

頭の柔らかい皆様へ

拘束を使わずに、作図できる方法を見つけてくださいm(_”_)m

しかし、近似値でゴリゴリやるのは、ダメです♪

グレーディングで作成した切り盛りの量をほぼ同じにしたい。

って時、ありますよね~?

 →

極力ロスをしたくないって時・・・・ないかな?(笑)

そんな時は、【自動土量バランス】を使用します。

 

~作成方法~

①グレーティングサーフェスを作成する。

【ツールスペース】内にある

グレーディンググループ→右クリックし、

【プロパティ…】をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

【グレーティンググループプロパティ】が開かれるので、

自動サーフェス作成の箇所にチェックを入れ、

  • サーフェスを作りたいグレーディンググループ
  • 土量基準サーフェス

をそれぞれ、選択し、OKボタンをクリックすると、

グレーディングサーフェスができあがり♪

 

②土量を算出する。

【グレーディング作成ツール】内にある【グレーディング土量ツール】をクリックする。

 

②-①グレーディング土量ツールが開かれるので、グループ全体(今回はグループ全体なので)にチェックする。

すると、下に切り盛りの量が表示される(青い枠)

②-②【土量バランスから自動的に標高を調整】をクリックすると

自動土量バランスで必要な土量は?っと聞かれるので、0を入力し、OKボタンをクリックする。

 

すると・・・・

こんな感じよ~っとCIVILちゃんがやってくれる(笑)

あの・・・私は0って入力したのに、切り盛りの差があるじゃないヽ(`_´#)ノ

っと怒ってはいけません(笑)

 

そして、当然、自動バランスから作成してくれた切り盛りが表示されます。

できあがり~ヽ(~~)ノ

 

~おまけ~

へ?グレーディングサーフェスをいちいち作成するのが、めんどっち~んですけど~ヽ(`_´#)ノ

っと思いますよね~ヾ(・・; ォィォィ

あらかじめ、グレーディングを作成するときに、【グレーティンググループを作成】で

・自動サーフェスを作成

・グループ名を使用

・土量基準サーフェス

にチェックを付けとけばOKで~す♪

 

 

 

 

 

 

CADで3Dを作成するのに私には必須!とも言える位置合わせコマンド。

これって、知らない人が多いのかな?

確かに、回転コマンドを使えば、どうにかなるしぃ~。

でも、めんどっちいよね(^^ゞ

例えば、左の図から、右の図に変更するのは、簡単だよね♪

 

でも、この左の図から、右の図に変更するのは、ちょこっと面倒だよね♪

 

(UCSを大きな円柱の面に合わせて、小さな円柱をカキコすれば良いだけじゃないヽ(`_´#)ノとか言わないでね。例としてだから(笑))

このめんどっち~と思われがちなのに、

3DALIGN(3D位置合わせコマンド)コマンド!を使うことで、

めんどっちくなくなるのですヽ(~~)ノ

 

~作成方法~

コマンド:_3dalign

オブジェクトを選択:小さい円柱をクリック

基点を指定 または [コピー(C)]: C

基点を指定: 1Aをクリック

2 点目を指定 または [継続(C)] <継続>: 2Aをクリック

3 点目を指定 または [継続(C)] <継続>: 3Aをクリック

 

 

第 1 の目的点を指定: 1Bをクリック

第 2 の目的点を指定 または[終了(X)] <終了>: 2Bをクリック

第 3 の目的点を指定 または [終了(X)] <終了>:3Bをクリック

 

 

 

 

 

 

 

こんなに簡単に、

出来上がり~ヽ(~~)ノ

 

ちなみに・・・簡単に言うと、こんな感じ~(笑)

赤:起点

黄色&ピンク:合わせる角度

autocadで測量座標系って、混乱しちゃう人が多いみたいって事で・・・

パンダちゃんがトライしてくれました(笑)

 

測量屋さんから、X,Y,Zの座標データ(エクセル)と図面(紙)を貰ったんだけど、

実際に作図したら、回転してひっくり返ってる図になっちゃったんだけど・・・。

 

ぱんだちゃん、測量座標系って知ってる?

 

なに、それ?

 

xとyが逆になってるやつよ~。

左図がAutoCadの座標系で、右図が測量座標系よ

AutoCad座標系(ワールド)

測量座標系

 

ふぅ~ん。

 

測量座標系は、地球の重心を原点(0,0)とし、グリニッジ子午線と赤道が交わる位置をx・・・

 

難しいことはムシして、どうすればこのひっくり返った図がちゃんとなるの?

 

では簡単に・・・・UCSを測量座標系に変更しましょう。

①ucsコマンドでY軸を180度回転、Z軸を90度回転する。

②planコマンドで表示を現在のUCSにする。

#UCSアイコンの表示もちゃんと確認してね♪

 

①と②の作図方法

①ucsコマンドでY軸を180度回転、Z軸を90度回転する。

①-①Y軸を180度回転させる。

 

コマンド:_ucs

UCS 原点を指定 または [~・・・] <ワールド>: Y

Y 軸の回りの回転角度を指定 <90>: 180

Y軸が180度回転されましたヽ(~~)ノ

 

①-②Z軸を90度回転させる。

 ⇒

コマンド:_ucs

UCS 原点を指定 または [~・・・] <ワールド>: Z

Y 軸の回りの回転角度を指定 <90>: 90

Z軸が90度回転されましたヽ(~~)ノ

 

②planコマンドで表示を現在のUCSにする。

コマンド:_plan

オプションを入力 [現在の UCS(C)/UCS 選択(U)/WCS(W)] <現在の UCS>:C

#<現在の UCS>になっているので、そのままでもOK

表示が現在のUCSになりましたヽ(~~)ノ

 

どんな感じになった?

 

測量屋さんから貰った紙データと同じ図形になったヽ(~~)ノ

とっても簡単♪

 

でも・・・私がこのぱんだちゃんのデータ貰ったら、イヤだな(ぼそっ)

 

 

>>測量座標系マスターへの道(2)へ続く

測量座標系マスターへの道(1)の続きです(^^ゞ

 

測量座標系マスターへの道(2)では、

パンダちゃんがエクセルとCADの連携にトライしてくれました!

 

ぶたちゃ~ん!!測量座標系マスターへの道(1)で作図したデータって、

文字がひっくり返ったりして、とっても扱いずらいんですけど~ヽ(`_´#)ノ

 

あっ!気が付いた?(笑)

 

気が付くよっ!ヽ(`_´#)ノ

 

じゃあ、一番楽な方法で・・・

測量座標系マスターへの道(1)『xとyが逆になってるやつよ~。』

って私が言ったの覚えてる?

 

なんとなく・・・(^^ゞ

 

測量座標系マスターへの道(1)でやったこの図をよ~~~く見て!

何か、気が付かない?

AutoCad座標系(ワールド)

測量座標系

 

え~?何かって・・・xとyが逆で~、zの向きも逆~。

 

そう!そうなのよ!って事は・・・

xとyの座標値を逆に、z座標に-1を掛けちゃえば良いのよ♪

 

なるほど~ρ(^^)メモメモ

でも、どうやって?

 

座標データはエクセルになっていたわよね?

 

うん、エクセルで貰ってる!

 

では・・・エクセルの値を変更しましょう。

①エクセルでxとyの値を入れ替え、zに-1を掛ける。

②エクセルで①で作成した座標のセルを作成する。

③CADに②で作成したセルをコピペする。

 

①の方法は、列や行の移動(エクセル)を参照してください。

②の方法は、複数のセル(文字)を1つにまとめる(エクセル)を参照してください。

③の作図方法を説明しますね!(UCSはワールドのままで行ってください)

③-①.②で作成したエクセル(ピンクの着色部)をコピーする。(Ctrl+C

#一番下のセルにcが増えているのは、閉じるのcを入れたいので・・・。

 

③-②.autocadを立ち上げポリラインコマンドを実行

コマンド:_pline

始点を指定:ここで先程コピーしたのを貼り付ける(Ctrl+V

すると・・・あ~ら不思議!

ダラダラダラーっとCADが動き出し、座標点をポリラインで結んでくれますヽ(~~)ノ

 

どんな感じになった?

 

測量屋さんから貰った紙データと同じ図形になったヽ(~~)ノ

とっても簡単♪

これならワールド座標なので文字もひっくり返ったりならないヽ(~~)ノ

 

でも・・・私がこのぱんだちゃんのデータ貰ったら、少しイヤだな(ぼそっ)

 

 

>>測量座標系マスターへの道(3)へ進む

>>測量座標系マスターへの道(1)へ戻る

測量座標系マスターへの道(2)の続きです(^^ゞ

 

測量座標系マスターへの道(3)では、

パンダちゃんが名前のついたUCSの登録にトライしてくれました!

 

ぶたちゃ~ん!!測量座標系マスターへの道(2)で作図したデータって、

原点(0,0)から遠いから精度が悪くなるし、作図の度にUCSを変更しないとダメなので、

とっても扱いずらいんですけど~ヽ(`_´#)ノ

 

あっ!気が付いた?(笑)

 

気が付くよっ!ヽ(`_´#)ノ

 

さすがパンダちゃんだね!

原点から遠いと精度が悪くなるって知っている人あまりいないよ!

 

だって、あるオブジェクトを@500の位置にコピーしたら、

500.1….とかになっるんだもん。

誰だって気が付くよっ!ヽ(`_´#)ノ

 

では・・・名前のついたUCSの登録をしましょう。

①バカでも・・・パンダちゃんでもわかる必殺オブジェクトを作成する。

②UCSを変更する。

③名前のついたUCSを登録する。

#①は、UCSがちょこっと苦手で・・・っと言う方にオススメです。

 

①~③の作成方法。

①必殺オブジェクトの作成

①-①.下記オブジェクトを作成しワールド座標の0,0の位置に配置します。

 ⇒

#これさえあれば、怖いもの無し!

 

②UCSの変更方法

下記のような範囲(白い線)を測量座標系マスターへの道(2)の手順で

エクセルからカキコさせた範囲としたとします。

今後は紫色の線を基準にカキコしていきたいと思っています。

(あくまでも例なので、原点からちょ~近いですが・・・気にしないで)

 

②-①.すべてのオブジェクトを選び回転する。

コマンド:_rotate

オブジェクトを選択~:ALL 

基点を指定:基点になる点をクリック(下図参照)

 

回転角度を指定 または ~:R

参照する~:左下図の基点をクリック、2 点目を~:右下図の点をクリック

 

#ある線を基準に回転したい時は、Rオプションは必須!

 

新しい角度を~:まっすぐになる位置をクリック(直行モードをONにすると楽ちんです)

#必殺オブジェクトも一緒に回転するので、この図形の原点の位置はここよ~って教えてくれる♪

 

②-②.すべてのオブジェクトを原点近辺に移動する。

コマンド:_move

オブジェクトを選択~:ALL 

基点を指定~:基点になる点をクリック(左下図参照)

目的点を指定~: 0,0

 ⇒

 #これで書きたいオブジェクト(紫)がワールド座標&原点の近くになるヽ(~~)ノ

 

②-③.UCSを変更する。

コマンド:_ucs

UCS 原点を指定 または~:OB

UCS を位置合わせする~:必殺オブジェクトのX側をクリック(左下図参照)

 

#必殺オブジェクトがあるので、この図形の原点は~?っと探さなくて済む!

 

②-④.UCSの向きに画面の表示を変更する。

コマンド:_plan

オプションを入力~:C

※この時のUCSアイコンをよ~く見て!今はワールドじゃないよ~っと主張しています(笑)

 

③名前の付いたUCSを登録する。

③-①.メニューバーの【ツール】→【UCS管理】をクリック

③-②.UCS定義管理が開くので『Unnamed』を『測量座標』に名前の変更をする。

 

#これでいつでも呼び出すことができるヽ(~~)ノ

 

どんな感じになった?

 

なんか頭がパニックになりそうだったけど、どうにかできたみたい!

 

これでワールドと名前のついたUCSを行ったり来たりできるね♪

 

不都合なく、カキコできる~ヽ(~~)ノ

 

これでパンダちゃんも測量座標マスターですね!

 

お~っほっほっほ( ̄^ ̄)v

 

他の人が見てもわかるように、図面中に『測量座標はUCSで管理しています』とか

記載してあれば、完璧です!

 

完璧のパンダちゃんです( ̄^ ̄)v

 

私がこのぱんだちゃんのデータ貰ったら、すっごい嬉しいな(ぼそっ)

 

 

>>測量座標系マスターへの道(2)へ戻る

>>測量座標系マスターへの道(1)へ戻る

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

リアルタイム市況

Twitter

    Follow @megubuta ( followers)

    アーカイブ

    blogランキング